たちばなや薬局

たちばなや薬局
ご相談・ご予約・電話によるお問い合わせは 0120-53-2124 営業時間:午前9時〜午後7時 日祭休み
メールでのお問い合わせはこちら
会長コラム
乾燥肌
冬が近づいてくると多くなってくるのが、肌がカサカサになってかゆがる方が多くなります。空気が乾燥して 皮膚の水分が奪われてるのが原因で、汗の分泌が少ない、すね、ふくらはぎ、太もも、うでなどにかゆみが 起こります。

さらに、ひどい場合は、布団に布団に入って温まるとかゆみが激しくなり、眠りが妨げられる人も います。かゆみが強いときは抗ヒスタミン剤の入った軟膏を使い、激しいときは副腎皮質ホルモンの入った軟膏で押さえます。 普段の手入れとして尿素などの入った塗薬で皮膚に水分を保持してしっとりさせましょう。入浴はぬるめに入り、石鹸は刺激の少ない薬用石鹸の泡で汚れを落とす程度とし、ゴシゴシ洗いすぎないよう注意しましょう。

下着は綿素材を選び、室内の温度や湿度にも気を配り、お酒や香辛料の強い刺激性の食品は避けましう。また、激しいかゆみが止まらなく掻き壊してしまったり、季節がよくなっても治りきらない場合などは、皮膚専門医の診察を受けましょう。  まずは、かかりつけの薬剤師に相談し、日ごろの皮膚の手入れと生活環境に注意しましよう。

会長コラム-バックナンバー
コラムをご覧いただきますには、Adobe Acrobat Reader、及びその規格に順ずるPDF fileを開くソフトが必要になります。ソフトはこちらからダウンロードしてくださいませ。

会長コラム
乾燥肌
冬が近づいてくると多くなってくるのが、肌がカサカサになってかゆがる方が多くなります。空気が乾燥して 皮膚の水分が奪われてるのが原因で、汗の分泌が少ない、すね、ふくらはぎ、太もも、うでなどにかゆみが 起こります。

さらに、ひどい場合は、布団に布団に入って温まるとかゆみが激しくなり、眠りが妨げられる人も います。かゆみが強いときは抗ヒスタミン剤の入った軟膏を使い、激しいときは副腎皮質ホルモンの入った軟膏で押さえます。 普段の手入れとして尿素などの入った塗薬で皮膚に水分を保持してしっとりさせましょう。入浴はぬるめに入り、石鹸は刺激の少ない薬用石鹸の泡で汚れを落とす程度とし、ゴシゴシ洗いすぎないよう注意しましょう。

下着は綿素材を選び、室内の温度や湿度にも気を配り、お酒や香辛料の強い刺激性の食品は避けましう。また、激しいかゆみが止まらなく掻き壊してしまったり、季節がよくなっても治りきらない場合などは、皮膚専門医の診察を受けましょう。  まずは、かかりつけの薬剤師に相談し、日ごろの皮膚の手入れと生活環境に注意しましよう。

会長コラム-バックナンバー
LINE@ たちばなや薬局公式ショップアカウントスタート!
友だち追加数
店舗絵コンテ
オリジナル商品 あなたに合ったお薬を調合します
ダイエットのご相談
子宝に
関するご相談
美容・エステのご相談
たちばなや薬局の歴史
会長コラム
お客様の声
店舗のご案内
TOPへ戻る
会長コラム
乾燥肌
冬が近づいてくると多くなってくるのが、肌がカサカサになってかゆがる方が多くなります。空気が乾燥して 皮膚の水分が奪われてるのが原因で、汗の分泌が少ない、すね、ふくらはぎ、太もも、うでなどにかゆみが 起こります。

さらに、ひどい場合は、布団に布団に入って温まるとかゆみが激しくなり、眠りが妨げられる人も います。かゆみが強いときは抗ヒスタミン剤の入った軟膏を使い、激しいときは副腎皮質ホルモンの入った軟膏で押さえます。 普段の手入れとして尿素などの入った塗薬で皮膚に水分を保持してしっとりさせましょう。入浴はぬるめに入り、石鹸は刺激の少ない薬用石鹸の泡で汚れを落とす程度とし、ゴシゴシ洗いすぎないよう注意しましょう。

下着は綿素材を選び、室内の温度や湿度にも気を配り、お酒や香辛料の強い刺激性の食品は避けましう。また、激しいかゆみが止まらなく掻き壊してしまったり、季節がよくなっても治りきらない場合などは、皮膚専門医の診察を受けましょう。  まずは、かかりつけの薬剤師に相談し、日ごろの皮膚の手入れと生活環境に注意しましよう。

会長コラム-バックナンバー
コラムをご覧いただきますには、Adobe Acrobat Reader、及びその規格に順ずるPDF fileを開くソフトが必要になります。ソフトはこちらからダウンロードしてくださいませ。

会長コラム
乾燥肌
冬が近づいてくると多くなってくるのが、肌がカサカサになってかゆがる方が多くなります。空気が乾燥して 皮膚の水分が奪われてるのが原因で、汗の分泌が少ない、すね、ふくらはぎ、太もも、うでなどにかゆみが 起こります。

さらに、ひどい場合は、布団に布団に入って温まるとかゆみが激しくなり、眠りが妨げられる人も います。かゆみが強いときは抗ヒスタミン剤の入った軟膏を使い、激しいときは副腎皮質ホルモンの入った軟膏で押さえます。 普段の手入れとして尿素などの入った塗薬で皮膚に水分を保持してしっとりさせましょう。入浴はぬるめに入り、石鹸は刺激の少ない薬用石鹸の泡で汚れを落とす程度とし、ゴシゴシ洗いすぎないよう注意しましょう。

下着は綿素材を選び、室内の温度や湿度にも気を配り、お酒や香辛料の強い刺激性の食品は避けましう。また、激しいかゆみが止まらなく掻き壊してしまったり、季節がよくなっても治りきらない場合などは、皮膚専門医の診察を受けましょう。  まずは、かかりつけの薬剤師に相談し、日ごろの皮膚の手入れと生活環境に注意しましよう。

会長コラム-バックナンバー
ご相談・ご予約・電話によるお問い合わせは 0120-53-2124 営業時間:午前9時〜午後7時 日祭休み
メールでのお問い合わせはこちら
TOPへ戻る
©2016 tachibanaya