新関 多津弥のBlog

ホーム>ブログ>昭和の日、昭和の食事最強説?

昭和の日、昭和の食事最強説?

昨日の昭和の日は
DKW(DAIGO&KEIKO&WEDDING)
が行われたのですが、
 
daigo
 
昨日のブログで伝えしたように
僕の後輩も結婚式を挙げました。
 
 
馬肉は出ませんでしたが
米沢牛と
 
米沢牛
 
長井市のゆるキャラ(?)
の「バーニック」が出てきました(笑)
 
バーニック
 
 
そんなめでたかった昭和の日。
 
突然ですが
昭和から平成で
「一番やせやすい年代の日本食」
ってどの年代かわかりますか?
 
 
東北大学大学院農学科研究所の
グループが次のような実験をしたそうです。
 
1960年、1975年、
1990年、2005年の年代別に
当時の一般的な献立を
ネズミさんの餌に混ぜて
8ヶ月間摂取させました。
 
 
すると
1975年の食事を摂ったネズミさんが
最も糖質・脂質の代謝が活発で、
内臓脂肪がつきにくかったそうです!!
 
1975~76年は
まさに僕の生まれた時代♪
 
どんな食事だったか
記憶にないですが、
 
1975年当時のメニューは
決して質素ではなく、
タンパク質や脂質を、
肉よりも魚介類から
主に摂っていたことや、
ワカメやヒジキなどの
海藻を多く食べており、
食物繊維が豊富に摂れていて、
ちょとだけ欧米影響も入り
バラエティに富んだ
内容だったそうです。
 
1975年食事2
 
雑誌のページを参考に
年代別に食事の系統をわけると
 
1975年食事
 
1960年代は「質素系」
・・・全体的に茶色い食事。
 
 
1975年代は「バラエティ系」
・・・バランスの取れた食材と
味噌や醤油などの調味料も多く
使われていました。
 
 
1990年代は「スピード系」
・・・洋風化が進み
ファーストフードや
インスタント食品が増えました。
 
 
2005年代は「こってり系」
・・・ご飯の量は
1960年代に比べ半分、
肉類は4倍、油脂類は5倍に
(+o+)!
 
 
この連休中は
1990年代や2005年代の食事のような
「ごちそう」を食べる機会が多いと思います!
 
 
そんな
ごちそうをおいしく食べた
次の日くらいは、
1976年代の食事で
リセットしてみましょう
(^_-)-☆
 
帳尻合わせって
大事ですよ!
 


 
たちばなや薬局と
LINEでお友だちになりませんか?
ポチっとお願いします!
 
 
友だち追加数

たちばなや薬局 本店

営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜日・祭日
住 所 〒994-0033 山形県天童市三日町2-5-3
電話番号 023-653-2124
FAX番号 023-653-1221
お支払い方法 現金・クレジットカード・交通系電子マネー(Suica/PASMO)・電子マネー(iD/楽天Edy/WAON/Apple Pay/QUICPay)・QRコード決済(LINE Pay/PayPay)

たちばなや薬局 ヨークB店

営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜日・祭日
住 所 〒994-0049 山形県天童市南町1-7-1
電話番号 023-651-3544
FAX番号 023-651-3545
お支払い方法 現金・クレジットカード・交通系電子マネー(Suica/PASMO)・電子マネー(iD/楽天Edy/WAON/Apple Pay/QUICPay)・QRコード決済(PayPay)

ららパーク天童・ヨークベニマル店内にもお店がございます
※年中無休で営業しておりますが、土曜日、日曜日および祭日は薬剤師が不在のため、処方箋応需、第一類医薬品の販売はしておりませんので、あらかじめご了承ください。

たちばなや薬局

お問い合わせ

0120-53-2124

facebook

twitter

LINE